6月にハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニーとの来日公演を予定している大植英次は、同フィルの11年にわたる首席指揮者としての任期を終え、終身名誉指揮者となります。
大阪フィル東京公演の折に行ったインタビューで、このコンビとしての最終公演に向けてその熱い胸のうちパンチを語ってくれました。
NDR Radiophilharmonie mit Eiji Oue, Rathaus, Farbe (by Marcus Kruger←uにウムラルト有り)軽.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

僕は以前ミネソタ管の音楽監督を務めていましたが、アメリカのオーケストラというのは、社会の影響か、スピードがとても速いのです。演奏会の数も多いし、進化のスピードも早い。凝縮されているんですね。

ハノーファーの街はドイツの伝統的なスピードを持っている。モーツァルトやベートーヴェンが曲を書いた時代のスピードが残っている。モーツァルトは、馬車でゆっくり旅をしながら作曲をしたじゃないですか。

トスカニーニの名言に、「伝統とは、明日創るものだ」という言葉があります。伝統を創るには、未来が見えていないといけません。でも、結論をいきなり定めるのではなく、“こうなりたい”という目標を持っていく。決して駆け足になってはいけないと思うんです。一歩ずつ、一歩ずつ歩いていく。先を見ようとして行くと、がむしゃらになってしまうんです。

オーケストラ作りは、「ここまで行こう」とあらかじめゴールを決めてしまうと、そこで終わってしまいます。どこまでいくかが分からないという気持ちで進んでいくことが大切だと思うのです。
そんな風にして僕とオーケストラとの関係は、一歩ずつ進化してきたと言えますね。

最初に就任したときは互いに、大植英次自身のヴィジョン、そしてオーケストラ自身のヴィジョンを持って音楽作りに臨みました。“俺はシェフだ”と構えるのではなく、一緒に作り上げていく。ゴールは決めない。もちろん、こういう方向にもっていきたいという思いは持っているけれど、変わっていく過程を一緒に楽しみたい。団員一人ひとりに“僕はこっち”“私はこっち”という、極端に言えば360度の違った解釈がありますから。

ドイツでは部屋のドアは大抵閉まっています。堅実な国民性のあらわれでしょうね。でも、僕はオケの監督室のドアは開けるようにしたんです。いつでもオープンに。一人ひとりが「これをやってみたい」というときに、「じゃあ、やってみよう」と言える姿勢を示せるように。“オーケストラ”という固有名詞が、ではなく、一人ひとりを尊敬して皆が一緒に創っていくことが大切だと思うんです。

彼らとの演奏において、僕の中で勉強したものはありましたが、もちろん自分の血の中にはドイツの伝統はありません。だから、ベートーヴェンやマーラーを、彼らに流れている血から盗もうとしました。そして、その上で人間・大植英次を出そうとしたんです。
自分が感動しないとオーケストラに伝わらず、オケが感動しないとお客さんにも伝わりません。そうした全体から、感動は生まれるのです。僕はハノーファーのオケと共に、それを絶対に崩さないようにしてきました。
 
     
(このインタビューはKajimoto Concert Vol.24に掲載しています)



この続きは、動画映画でお楽しみ頂けますexclamationこれから数回に分けてアップ予定です手(グー)
共演者、小菅優(ピアノ)についてはこれまでに演奏した印象からの話を。そして、今回のプログラムについて熱く語っています。大植がキャリアの節目節目で取り上げてきたベートーヴェン「第7交響曲」のこと、そして、バーンスタインの思い出なくしては語れないマーラーへの思い。師バーンスタインの奇跡の名演とも言える演奏会の後、大植はマーラー「交響曲第9番」を封印してきました。しかし、今回ついにその封印を解き放ちます。

近日公開予定。ご期待くださいわーい(嬉しい顔)



チケットのお申し込みはこちらまで
6月27日(土)6時 サントリーホール
6月28日(日)3時 サントリーホール


2009-03-24 17:47 この記事だけ表示
ハイティンク指揮シカゴ交響楽団の来日公演が終わりました。
たくさんの方々に聴いていただき、喜んでいただき、感謝しておりますわーい(嬉しい顔)
手前味噌ながら、本当に記念碑的な公演ぴかぴか(新しい)となったのではないかと思いますが、
如何だったでしょうか?

これでワールド・オーケストラ・シリーズ2008-2009も、有終の美をもってめでたく終了ですexclamation


さて、もう次の、今年のワールド・オーケストラ・シリーズ2009が始まります。
第1弾は、6月に来日する大植英次指揮ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー
いよいよ2月13日(金)からカジモト・イープラス会員限定先行受付開始です。
(↑先行受付はおかげ様で好評の内に終了致しました。)

一般発売は2月22日(日)からですexclamation

6月27日(土)6時 サントリーホール
6月28日(日)3時 サントリーホール
NDR Radiophilharmonie mit Eiji Oue, Rathaus, Farbe (by Marcus Kruger←uにウムラルト有り)軽.jpg

前回2006年に演奏した、ワーグナー「ワルキューレ」第1幕のコンサート形式上演が素晴らしかったことなどひらめき、記憶に残っている方も多いと思いますが、
このコンビでの来日も、恐らくこれが最後たらーっ(汗)
大植も11年にわたって手塩に育ててきたこのオーケストラとの総決算を披露することになります。

1998年、首席指揮者就任の最初のシーズンで集中してとりあげていたベートーヴェンと、現地ハノーファーの最後のシーズンも演奏する(来日の直前となります)、マーラー「第9交響曲」は大植がかねてから得意としてきたレパートリーだけに、
僕も楽しみですグッド(上向き矢印)

チケットはこちらまで!
一般発売 2月22日(日)10時〜
6月27日(土)6時 サントリーホール
6月28日(日)3時 サントリーホール



なお大植英次は、ひと足先の再来週2月17日(火)に、自身が音楽監督を務める大阪フィルと東京公演を行い、マーラーの、こちらは「第5交響曲」を演奏します。
以前ミネソタ管弦楽団との来日公演(1998年)でも大好評exclamationだった曲ですから、こちらもぜひお聴きになっては如何でしょうか?


また、今年のワールド・オーケストラ・シリーズ中、
少し先になりますが、10月にはドイツの名門バンベルク交響楽団が登場。
首席指揮者のジョナサン・ノット指揮、ピアノのエマール、ヴァイオリンのテツラフと共にブラームス・チクルスを行います。
そのバンベルク響、2月8日(日)15時からNHK教育テレビ「思い出の名演奏」
1990年に、名匠ホルスト・シュタインに率いられて来日した当時のブラームス・プログラムのライヴがオンエアされます。
ぜひ皆様も良かったらご覧下さいexclamation




2009-02-06 12:53 この記事だけ表示
2月に入り、寒さもより一層厳しくなる中霧
いよいよ待望の、ベルナルト・ハイティンク指揮シカゴ交響楽団の来日公演が始まりましたむかっ(怒り)


いつもなら、「こちら現場です」のコ−ナーで担当者のレポートに委ねるところ、今回は僕も客席で聴くことができたのでるんるんこちらの「きまぐれ日記」で僕自身が書くことにしましたわーい(嬉しい顔)

現場の写真がないのが残念ですが、バッド(下向き矢印)ほぼ満席のお客様の期待がひしひしと、開演前のプログラム販売スペースに並ばれるお客様の長い行列や、かなりハイテンションパンチに客席を包み込む熱気から感じられます。
CSO COV.09_2軽.jpg

さあ、オーケストラのチューニングが終わり(このチューニングの音だけで、まず美しく大きく、このオケの飛び抜けた能力を感じます)、いよいよマエストロ・ハイティンクの入場
正直言っていつもそうなのですが、なんというか「カリスマ」とか「オーラ」をふりまいて、という姿ではありません。しかし静かな威厳、と言う感じでしょうか。すごい満場のすごい拍手手(パー)今やこのマエストロがいかに多くのファンの敬意と人気を集めているかを改めて感動をもって実感します。

マーラーの交響曲第6番。皆様もよく知っている通り、チェロやコントラバスの「ズン、ズン、ズン、ズン・・・」という威圧的な行進で始まりますが、このものすごい音量、音圧、迫力。これがまるで1人の人間が弾いているような一糸乱れぬ音なのですから、最初から僕も度肝を抜かれますがく〜(落胆した顔)

それからしばらくして鳴り響くトゥッティ(全合奏)でのフォルティッシモも、ホールを壊さんばかりのボリューム。でも凄いと思うのは、どんな音量でも各楽器、各セクションのバランスが完全な均衡を保って明確・クリアーに響いているという点。これこそが超一流の中でも選ばれたオーケストラの証です。
以後、全4楽章、圧倒されっぱなしであっという間に1時間半が過ぎましたあせあせ(飛び散る汗)

木管楽器にしろ、輝かしい金管楽器にしろ、先に書いたようにまるで1人で吹いているが如く、すばらしい統一とキメの細かいアンサンブルで虹のような弧を描き、ソロになってもフレーズのあたまからおしりまで完全にコントロールされた、自然でしかも中身のつまった音楽をやっています。(特に、首席奏者を42年!も務めるホルンのクレヴェンジャーや、フルートのデュフォーら)
ただ弾いている、吹いているなどというプレイヤーは誰もいませんパンチ

Haitink_CSO_Mahler_3軽 (C )Todd Rosenberg.JPG
今回の公演で僕にとってちょっと印象的ひらめきだったのは、もちろん今までの来日でも際立っていた透明感のある強力な弦楽器群が、一層存在感を増し、むしろ管楽セクションをひっぱっていたことです。
これは恐らく、ハイティンクが指揮をしていることが大きいのだと思いますが、やはりコンセルトヘボウ管やウィーン・フィル、ドレスデン・シュターツカペレなどを長い間ずっと振り続けている、ヨーロッパを代表する巨匠の持つカラーなのでしょう。(ヨーロッパのオーケストラはこういった感じのところが多いです。)
そしてシカゴ響の輝かしいサウンドの基本的な部分はそのまま変わりませんが、これまでシカゴ響の来日公演を指揮してきたショルティやバレンボイム、ブーレーズの時とは違った、重心が低く重みのある、渋みが加わったサウンドとなっていました。

そして今年80歳になるハイティンクの指揮、音楽作りの何と丁寧なことexclamation
もともとそうした実直で真面目、緻密で丁寧、バランスのよい方向性の確かな音楽をやるマエストロでしたが、こういうアメリカ的な高機能なオーケストラとの組み合わせになると、フレーズ、リズム、ハーモニー、音色の一点一点を本当にまったくおろそかにせず、恐ろしいまでの集中力をもってじっくりと音楽を前進させていく様子がよくわかりました。
そうしてマーラーの複雑な音楽の、斬新な音色だとか、長大な構成だとかがじっくり味わうことができ、じわじわと圧倒されてグッド(上向き矢印)終いにはとてつもなく大きな感動に至るぴかぴか(新しい)という類稀な経験をすることができました。すごい密度の濃い空間と時間

またマエストロのそうした流儀と、彼ならではの大いなる人間性、マエストロを敬愛してやまない(聴いていて間違いなく実感しました)シカゴ響のメンバーとの音楽的な交流が高まり、溶け合って最高潮に達したのはハートたち(複数ハート)特に第3楽章のアンダンテでした。
音楽を超えた一瞬、とでもいうのでしょうか?僕は一生忘れられそうにありませんもうやだ〜(悲しい顔)

この感じからいくと、私の勝手な予想ではありますが、明日のブルックナー「交響曲第7番」(もともとマエストロの十八番)や、明後日のモーツァルト「ジュピター交響曲」など、ちょっと得がたい体験となりそうですぴかぴか(新しい)


・・・長々と、そしていささか陶酔の過ぎた文章になってしまったことを少し反省しておりますがバッド(下向き矢印)今回のハイティンク&シカゴ響の演奏会のこと、残る2公演のことを少しでもお伝えできたら、と思っています。
“盛大”という以上に、たくさんのお客様の興奮と感謝の入り混じったような、いつまでも鳴り止まない拍手手(パー)が、昨日の演奏会のことを何よりも雄弁に物語り、明日、明後日の期待が現実のものとなるだろうと僕には思えてなりません手(グー)

あと2公演ですexclamation×2


チケットのお申し込みはこちらから
2月3日(火)7時 サントリーホール
2月4日(水)7時 サントリーホール
*当日券もございます

シカゴ交響楽団の過去記事はこちら
2009-02-02 18:11 この記事だけ表示
日本のみならず世界で活躍を続ける広上淳一が、昨年4月京都市交響楽団の指揮者に就任し、この度、このコンビで初となる東京公演を行いますパンチ

国内で“初めてシェフを務めるオーケストラ”になる京響との公演でお届けするのは、アメリカン・プログラム!
まさに広上らしさが出るプログラミングと言っても過言ではないですね。その彼の指揮で京響からどのようなサウンドるんるんが引き出されるか、興味深いところ。
そんな期待の公演に向けて、広上よりメッセージが届きました!


チケットはこちらまで!
2/28(土)6時 サントリーホール
2009-01-28 17:26 この記事だけ表示
寒くなってきましたが、皆さん風邪などお召しになられてはいませんか?雪
そんな身体の芯まで冷え込むような2月に、関西から東京へ、熱い波が押し寄せてきます!

大阪フィル待望の東京公演。ぴかぴか(新しい)

今回で既に46回を数える東京公演は毎回大入りで、地元大阪だけでない人気の根強さを感じます。

2月が待ち切れないとばかりに、音楽監督の大植英次さんよりメッセージが届きましたわーい(嬉しい顔)




チケットはこちらまで!
2/17(火)7時 サントリーホール
2009-01-21 20:53 この記事だけ表示
新年明けて、今日は寒いですね雨
でもこうした寒さを耐えてこそ、その後にやって来る春晴れが楽しみというものです。
(もっとも僕は冬、好きですけど)

先日のウィーン・リング・アンサンブル、僕も聴くことができまして、
今年は一段と澄んだ自然な息遣いにふくらみがあって満月特によかったような気がしますが
皆さんは如何でしたでしょうか?


さて、来る春のコンサートのチケットが続々発売されますがグッド(上向き矢印)
5月に、いよいよあの現代最高のピアニスト、マウリツィオ・ポリーニが来日、
来週1月15日(木)12時からカジモト・イープラス会員限定先行受付が開始です!
(*おかげ様をもちまして、大好評のうちに先行受付は終了致しました。)
Pollini_2007_01_E1655軽.jpg

いよいよ一般発売は1月25日(日)10時から始まりますexclamation

[公演日時・会場]
5月12日(火)7時 大阪 ザ・シンフォニー・ホール
5月15日(金)7時 東京 サントリーホール
5月19日(火)7時 東京 サントリーホール



ポリーニの来日は、2006年の「ルツェルン・フェスティバル in 東京」以来3年ぶり
この最高右斜め上のピアニストについて、ここで改めてご説明するまでもありませんが、
相変わらず定期的に、欧米各地の主要音楽都市や音楽祭でコンサートを開き、
ただでさえ最高のピアニズムが一段と美しく、深くなってきていると
あちらこちらから話が伝わってきます。

昨年秋にリリースされたショパン・アルバム(ピアノ・ソナタ第2番ほか)もそんな感じを存分に漂わせていました。耳

今、演奏会場等で配っております、今回のリサイタル・チラシの裏面に音楽評論家の濱田滋郎さんがお書きになった文章、
「この人なら何を弾いたって聴きに行きたい・・・(中略)・・・かつてポリーニが84年に出した『ソナタ第2番』も細部までかっちりと弾き上げられた模範的名演であったが、今回の再演盤は、確かにそれと違う。違いは微妙と言えば微妙なものながら、見方、聴き方によっては実に大きい。一言で言うなら、そこには、かつてのポリーニの大理石像に刻んだようなショパンからは滲み出ることのなかった『得も言われぬもの』の流露が、しばしばはっきりと、豊かに現れて聴きての胸に沁み入るのだ。いっぽう、だからと言って彼ならではの妙技にかげりが生じたわけではない。これこそが真の円熟というものであろうと、深く頷くことができる。」

う〜ん、僕もまったく同感です。
「円熟」という言葉は世間でちょっと過剰なくらい氾濫していますが、こういう時のためにとっておかなくちゃなぁ、と思わされます。

何はともあれ、皆さんとともに最高のピアニズムを再び堪能しましょうexclamation×2



ところで、ひとつ大変申し訳ないのですがバッド(下向き矢印)
演奏曲目がまだ未定です。
決定次第、HPやその他の方法で発表いたしますが、今しばらくお待ち下さいm(_ _)m


チケットお申し込みはこちらまでexclamation×2
5月12日(火)7時 大阪 ザ・シンフォニー・ホール
5月15日(金)7時 東京 サントリーホール
5月19日(火)7時 東京 サントリーホール
2009-01-09 17:57 この記事だけ表示
今年も皆様、どうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m

さて、年末・年始晴れはいかがお過ごしでしたでしょうか?

昨年は割と遅い時期まで演奏会が多かったせいか、
僕は休みに入ると同時に大掃除に追われがく〜(落胆した顔)
年が明けてからようやく、こたつ、おモチ、ミカンでテレビ ・・・
のような時間を(少しだけでしたけど)確保できましたわーい(嬉しい顔)
いや〜、日本のお正月はいいですないい気分(温泉)(←ちょっとまだ休みボケが)

ちょっと暗いニュースが多かった年末・年始ではありましたが
とりあえず2009年、私共の提供するコンサートが
そういった気持ちを少しでも癒し、和らげ、光や活力ある場になりますよう、
そうした助けになれば、とスタッフ一同願っておりますハートたち(複数ハート)


今年も1月からたくさんのオーケストラ、ソリスト、アンサンブルによるコンサートをご用意しておりますが、
まずは新春恒例、ウィーン・リング・アンサンブルの登場です。
WRE(C)K.MIURA.jpg


今回はツアー初日が1日早く、1月3日からだったため(富岡市かぶら文化ホール)、
彼らもウィーン・フィルのニューイヤーコンサートが終わると同時に荷造り、
すぐにダッシュ(走り出すさま)出発してくれました。
(今年も衛星生中継、ご覧になられましたでしょうか? コンサートマスターのキュッヒルさん以下、ヴィオラのコルさんやチェロのイーベラーさんも一生懸命弾いていましたね)

さあ、今年もまたウィーン・フィルの首席奏者たちならではの、夢のような"粋“バーに酔ってみませんか?
彼ら名人たちによる、 「人生を楽しむ」達人だったシュトラウス・ファミリーのワルツ、ポルカの"粋”は、ちょっとため息がちな私たちの生活に、きっと和みと元気を与えてくれることと思いますぴかぴか(新しい)

僕自身、聴きに行かなくてはexclamation×2


まだ少し当日券もございますので、ぜひ!
1月6日サントリーホールのチケットはこちらから
2009-01-05 14:53 この記事だけ表示
もう12月も中旬。
今年もあと2週間ちょっとですクリスマス
皆様は今年、どんな演奏会でどんな感動を味あわれましたでしょうか?

さて、いよいよ来週、
ドゥダメル指揮シモン・ボリバル・ユース・オーケストラとともに、
ピアノの女王マルタ・アルゲリッチが来日、
先に来日してコンサート・ツアーを行っているルノー&ゴーティエ・カプソン兄弟や、愛娘リダ・チェン
室内楽コンサートを行います。

12月16日(火)7時 すみだトリフォニーホールです。
argerich1.jpg


たくさんのお客様がら「ソロ・リサイタルはしないの?」と訪ねられるアルゲリッチですが、
ソロより、自分の信頼する多くの素晴らしい仲間とともに、より大きな音楽を作りグッド(上向き矢印)
お互いに触発したり、されながら、
さらに新しいを創造していくことに、はるかに大きな気持ちを抱いているようです。ぴかぴか(新しい)

毎年、わが国では別府アルゲリッチ音楽祭で、
また、近年毎年のようにリリースされるヨーロッパでのライヴCD(ここでもカプソン兄弟と何度も共演していますね)からも、そんな感じが聴き取れますし、
以前からのありあまるパッションどんっ(衝撃)を持ちながらも、夢のような音で、なんだか仙境で遊ぶ子供たちのような自由さですね。三日月

今回彼らが弾く曲も、最近繰り返し演奏しているシューマンベートーヴェン、そしてショスタコーヴィチのトリオ。
特にショスタコーヴィチは10年前、ギドン・クレーメルミッシャ・マイスキーと、同じ すみだトリフォニーホールで空前の名演を残した思い出の曲。

カプソン兄弟とはきっと全然違った色合いで聴かせてくれるだろうと、
僕もワクワクです。るんるん

ご期待下さいexclamation×2


チケットのお申し込みはコチラから
12月16日(火)7時 すみだトリフォニーホール

シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラとの共演
12月18日(木)7時 国際フォーラムA
2008-12-12 17:09 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。