日本のチェロ界を代表する名匠であり、現在サントリーホール館長や桐朋学園大学学長という、音楽界の要職を務める堤剛が、
2回に分けて、チェリストにとってのエベレストであるJ.S.バッハの「無伴奏チェロ組曲」全曲演奏会を行っています晴れ

昨日3月15日に紀尾井ホールで第1回が行われましたが、
若きマネージャーからのレポートが届きましたわーい(嬉しい顔)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
J.S.バッハの無伴奏チェロ組曲は音楽の父が遺した偉大な遺産。
その6つの組曲は、無伴奏作品としてだけでなく、チェロ作品の金字塔として今もなお燦然と輝いています。
その全6曲を、日本が世界に誇るチェリスト、堤剛が紀尾井ホールで演奏します。

第1番、第5番、第3番という奇数番号を並べた第1回公演からは、まさしくこの作品がマスターピース(傑作)であること、そして堤の懐の深さ、あたたかさを再認識させられたと言っても過言ではありません。
この作品を聴いていると、我々は楽器から出る音を聴いているのではなく、まるで楽器を通して演奏者本人を聴いているようだと感じられます。

堤の演奏は、”円熟”といったような言葉で括れるものではなく、先にも書きましたが奏者本人の人間的な温かさを伝えるもの。そしてテンポや間の取り方、細かなアーティキュレーションやアゴーギグなどそうした表現の一つ一つからも、常に表現したいこととその理由が明確に伝わってきました。
また「バッハの無伴奏組曲は、演奏するたびに常に新しいものになります。今回は、和声感をより表現できたらと思っています」と謙虚に語っていた堤の言葉が思い出されました。細かいアルペジオが一つの大きな和音となってホール全体を包み込んでいったのです。

舞台に一人どっしりと構えた堤の姿は、まるで静かにそこにある大きな山を思わせるかのようでした。動かざること山の如し。時代の流れや周囲の変化には動ぜず、山は決して揺るがない。しかし、それは単調ということでは決してありません。

組曲は各曲毎に異なるキャラクターを持っていますが、それぞれがなんといきいきと表現されていたことか!その様子は、まるで山の彩りが四季折々と移り変わっていくようで、美しかったです。

残りの偶数番号作品(第4番、2番、6番)は20日(金・祝)に演奏されます
6つの物語が一つの曲になり、6つの曲がまたそれぞれの色をもって全曲を構成する。第6番のジーグが終わり、すべてがつながったとき、バッハの無伴奏チェロ組曲という作品が、そして堤剛自身が新しい姿を見せてくれるに違いありません。

チケットのお申込みはこちらまで!  

最新盤「J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)」(マイスターミュージック)は3月24日(火)発売!
→ こちらまで

090315_165029.jpg
昨日のサイン会の様子

2009-03-16 12:59 この記事だけ表示
 アメリカ五大オーケストラの筆頭、いや、世界のオーケストラの筆頭格と言っても過言ではない、シカゴ交響楽団が来日しました。
 ツアー初日を前に、横浜市立騎が原中学校、東京都立杉並高等学校、駒澤大学の学生たちに、ブラスセクションがクリニックを行ないました。その模様を、マネジャーのレポートでどうぞ。

-----------------------

 世界最高のブラスの1つと言えば、シカゴ交響楽団のブラスセクションでしょう。そのシカゴ響ブラスセクションの5人が、横浜みなとみらいホールに降り立ちました! 公開クリニックにて、学生10重奏の3グループを、自らの楽器で手本を示しながら熱心な指導を行ないました。

DSC02684.JPG
まずは、学生たちの演奏から始まります。

DSC02690.JPG
首席トランペット奏者のC. マーティンが早速指導を開始。

DSC02691.JPG
副首席トランペット奏者のM. リドノア。指導に熱が入るあまり、写真がみんなぶれてしまったほど。

DSC02714.JPG
そして、首席ホルン奏者D. クレンヴェンジャーのつむぎ出す柔らかな音色には、みんなうっとり……。

DSC02696.JPG
トロンボーン奏者のC. バーノンは、女の子相手に細かな指示を与えています。

DSC02710.JPG
チューバってこんなに表情豊かな楽器だったの!? G. ポコーニの模範演奏に、学生たちは驚きの表情。

DSC02702.JPG
さあ、世界の超一流ブラス集団に伝授されたサウンドを、どこまで再現できるか!!!

 公開レッスンの最後には、なんとその5人のメンバーで、20分のミニコンサート! 会場に集まった700人の学生は、基礎練習のイロハから教える熱心な指導ぶりと、彼等の勇ましいサウンドに陶酔し、終了後も興奮冷めやらぬ様子でした。

DSC02706.JPG DSC02707.JPG

DSC02708.JPG DSC02709.JPG

 世界トップオーケストラの地位を不動のものにした、シカゴ交響楽団のブラスサウンド。オーケストラを包み込む柔らかいサウンド、時には縁の下から支える重厚なサウンド、時にはホール全体を凌駕する程の勇ましいサウンド……どこをとっても世界最高としか言いようがないシカゴ交響楽団のブラスセクション。シカゴ交響楽団をお聴きの際は、このブラスセクションにもぜひご注目下さい!!

[サントリーホール公演情報はこちら]
※当日券もございます。
2009-01-30 14:50 この記事だけ表示
4月に来日公演を行う、ボーイ・ソプラノ・コーラスのlibera(リベラ)が、明日公開の映画「誰も守ってくれない」の主題歌「あなたがいるから」を歌っていることは皆さんもご存知かと思いますが、
そのliberaが先日、映画のキャンペーンのために来日、
シークレットライヴを行いました。

同行した弊社マネージャーからのレポートです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

皆さん、最近テレビを見ていて、どこからともなく天使のような歌声が聴こえてきた・・・ぴかぴか(新しい)
そんな経験はありませんか?

心当たりのある方、それは、映画「誰も守ってくれない」で主題歌を歌う、libera(リベラ)の歌声です。

公式photoリベラ03.jpg
これまでもNHKのTVドラマ「氷壁」、映画「ハンニバル」などの主題歌で、ボーイ・ソプラノにしか出せない、はかない孤高の美しさを聴かせてくれたリベラが、4月に再び待望の来日公演を行いますexclamation
明日からいよいよチケットの一般発売ですexclamation×2

4月8日(水)7時/ 9日(木)7時  オーチャードホール

一方、やはり明日公開となる話題の映画、liberaが主題歌を歌う「誰も守ってくれない」は今まで描かれることのなかった、容疑者家族の物語を描く、社会派ドラマ手(グー)。「踊る大捜査線」の君塚良一監督自らが、この映画の主題歌は彼らに頼むしかないパンチひらめきと依頼。
この映画のための名曲、『あなたがいるから』が生まれたのです晴れ

CMを見て、映画全体を包み込むようなやさしさと美しさハートたち(複数ハート)を持ったこの曲が頭から離れない、そんな人も多いのではないでしょうか。

今回、映画の公開に先駆けて来日したliberaは、教会でのシークレットライブを敢行パンチ
映画の舞台挨拶を兼ねた試写会でのライブということもあって、佐藤浩一さん、志田未来さん(最近この2人、毎日テレビに出演していますね)、そして君塚良一監督も、その天使の歌声に癒されたご様子。

品川教会.JPG


でも、終演後の楽屋では全く普通の子どもたちと変わらずはしゃいでいます・・・わーい(嬉しい顔)
この純粋さがあの透き通った歌声を作り出しているのかもしれませんね。
教会ライブ楽屋1.JPG
教会ライブ楽屋2.JPG

また、リベラの来日に合わせて、新宿flagsではキャンペーンも開催中!
flags外観2.JPG
新宿駅新南口改札を出てすぐ左手の大きなガラス張りのビルを入ると、早速リベラの案内が目に付きます。

flags2Fエントランス.JPG
エスカレーターを上がって9Fへ行くと、タワーレコードのクラシック・フロアにもリベラのコーナーが!
liberaコーナー_タワレコ新宿(引き).JPG

CDでコンサートの予習をばっちりパンチしておいてくださいね。

というわけで明日はチケット発売日ですexclamation(映画「誰も守ってくれない」も公開!)。

『あなたがいるから』でソロを歌うトムが言っていました。
「4月のコンサートでは、これまでと違った“新しいリベラ”が見れるはず。絶対楽しめると思うから、ぜひ来てね!」

リベラのコンサートは毎回チケットの入手が難しいと言われていますふらふらので、
チケットのお求めはお早めにexclamation×2
明日の10時から一般発売開始です。

チケットのお求めはこちらまで


それでは、4月にまたお会いしましょう手(パー)
全員集合.JPG
2009-01-23 12:12 この記事だけ表示
 庄司紗矢香が来日し、日本ツアーが始まりました!
 ツアー初日を行った暖かな沖縄での模様を、マネジャーがちょっとだけレポートしてくれました。

--------------------------

 庄司紗矢香、初めての沖縄です!
 前日に到着し、おいしいものも食べ、万全の体制で日本ツアー第1回目の公演に臨みました。

庄司演奏.jpg

 ゴランとのパートナーシップも、もう5年。リハーサルの時から既に息がぴったりです。これまではゴランからアドバイスを受けることが多かったのですが、今回は2人で音楽を創り上げている雰囲気です。

 委嘱作品であるドルマンはツアー初日の沖縄が世界初演です。
 詳しくは聴いてからのお楽しみ、ということで、あまり触れませんが、どんな難解な作品なのかと身構えて聴き始めたところ、起伏に富んだ、美しい作品でした。現代曲とは言っても、とても面白くて聴きやすい曲だと感じました。
 沖縄の方々も、この曲の演奏が終わると一気に沸き立ち、会場が興奮の渦に包まれました!

庄司紗矢香 003.jpg

 シューベルトは、その世界の繊細さに最近ハマってしまい、かなり集中して取り組んでいるそうです。憧れや夢を持って臨むものの、やはり難しい……という、気持ちの起伏を自分でも楽しんでいるとのこと。
 ベートーヴェンのソナタ第7番は、ずっと弾きたいと思っていて、今回ついに自信を持って披露! そしてブロッホは、以前からゴランと話し合っていて、やっと実現した曲。あまり取り上げる機会のない、30分もの大曲です。

 今まで大事に温めてきて、その時が来た、という曲目ばかりを演奏する今回のリサイタル。東京公演が楽しみですね!

[1/14 サントリーホール公演情報はこちら]
2009-01-09 20:24 この記事だけ表示
 アルゲリッチ・ファンの皆さま、こんにちは。
 昨晩は、寒かったですね!雪 ワタクシは週末に風邪をひいてしまい、病み上がり状態だったのですが、それでもやはり、アルゲリッチと若手精鋭たちの“競演”を聴き逃すまいと、すみだトリフォニーホールに行ってまいりました。
 やはり、素晴らしかったです! 無理してでも行ってよかったですもうやだ〜(悲しい顔)。残念ながらお聴きいただけなかった方々のために、少しですがレポートいたします。


MARTHA.JPG RenaudCapucon2008(c)VirginClassics2.jpg G. Capuçon2.JPG

 全曲通して、巨匠アルゲリッチの素晴らしさ、凄さを再認識する演奏でした。
 アルゲリッチの演奏は「ダイナミック」「男性的」という表現も多いのですが、同時に「あたたかさ」や「やさしさ」にもあふれていて、共演者たちの若々しさや新鮮さを包み込み、音楽全体の土台をしっかり創り上げる感があります。
 個人的に大好きなルノー・カプソンの音色は、潤いがあり滑らかで、アルゲリッチの巨匠然としたピアノに支えられたシューマンのデュオは絶品でした。

 圧巻はショスタコーヴィチのトリオ。巨匠アルゲリッチが、堂々たる演奏で若手をリードし、カプソン兄弟がそれに負けじと迫ります。まさに“競演”。アルゲリッチの力強さが若手共演者の力を最大限に引き出し、緊張感と気迫に満ち満ちたショスタコーヴィチでした。
 10年前にクレーメル、マイスキー、アルゲリッチという巨匠が勢ぞろいしたトリオが見せた鬼気迫る演奏とは、一味違う興奮を味わいました。

 最近は、自身のソロ活動よりも、室内楽、特に若い世代のアーティストたちとの共演を大切にしているアルゲリッチ。彼女がなぜそういった方向に向かっているのかが、手に取るように伝わってくるコンサートでした。

 今回、惜しくもアルゲリッチ、カプソン兄弟の“競演”を聴き逃してしまった方々、12/18(木)東京国際フォーラムAで行なわれる、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラの公演にいらっしゃいませんか?
 ラテンの熱い血がたぎる天才指揮者グスターボ・ドゥダメルと、彼の率いるオーケストラが、アルゲリッチやカプソン兄弟とどんなベートーヴェンを構築するのか、想像するだけでワクワクしてきます揺れるハート

 また、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ来日のニュースが、NHKで取り上げられる予定です。
12/17(水) NHK「ニュース」(18:00〜)
12/18(木) NHK「おはようニッポン」(7:45〜)
※番組はニュース等により変更になることがあります。

 12/18(木)の19:00には、皆さまと国際フォーラムで、感動と興奮をご一緒できることを願っておりますexclamation×2

[公演情報はこちら]
※当日券もございます。

連日更新中!日本・ベネズエラ音楽交流支援委員会のブログ
※先日の北京公演の批評も掲載されています。
2008-12-17 13:17 この記事だけ表示
 師走真っ只中となり、風邪も流行っているようですが、皆さま、ご無事でしょうか。
 この寒い季節に、熱いベネズエラから、若い熱気にあふれるオーケストラ、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラがやってきます。
 来日直前には、日本よりも寒い雪、北京とソウルで公演を行いました。北京でのドゥダメルの写真が届きましたので、ご紹介いたします。

------------------------------

 赤道にほど近い国のオーケストラ、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラが、寒い中国で公演を行い、ラテンの熱風を巻き起こしました。

 12/11、12は北京のNational Centre for Performing Arts, Beijingで公演を行ないました。
 12/11は東京芸術劇場と同じプログラム、12/12は前半がバーンスタイン「ウェスト・サイド・ストーリー」より シンフォニック・ダンス、後半がマーラーの交響曲第1番「巨人」でした。

 リハーサルから既に熱気にあふれています。ドゥダメルは半そでのポロシャツ姿です。

8.jpg

2.jpg 6.jpg (C)NCPA Beijing

 本番は、更にパワー全開。ドゥダメルや演奏者たちの熱気が写真を通して伝わってくるようですぴかぴか(新しい)

_MG_0557.jpg _MG_0566.jpg _MG_0641.jpg

_MG_0644.jpg _MG_0648.jpg (C)NCPA Beijing

 中国の聴衆も、このラテン・パワーあふれるオーケストラを熱狂的に迎え、心から楽しんでいるようでしたどんっ(衝撃)

 日本には本日無事来日しました飛行機。北京、ソウル公演を経て、日本公演の準備も万端です。
 国際フォーラムで共演のアルゲリッチも万全の体制で、本日はカプソン兄弟らと室内楽コンサートを行ないます。

 みなさま。
 アバド、ラトル、アルゲリッチやドミンゴをはじめ、多くの演奏家たちが「天才だ」と絶賛する指揮者、グスターボ・ドゥダメルと、ベネズエラの治安を改善させた威力を持つ教育法「エル・システマ」の申し子、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラが、ついに初来日公演を行ないます!
 世紀の瞬間を、ご一緒に目撃しませんか?

[公演情報はこちら]

ドゥダメル&シモン・ボリバル・ユース・オーケストラの過去記事(動画も見られます)

連日更新中!日本・ベネズエラ音楽交流支援委員会のブログ
2008-12-16 17:09 この記事だけ表示
 先日、「皆さまのために」とゲルギエフのプロコフィエフ・シンポジウムを取材してきた公演部宣伝担当のワタクシですが、その内容にすっかり魅了されてしまいました(実はもともと“プロコフィエフ好き”)。
 そこで、全公演は無理でも、1曲でも多く聴こうと決意し、まずは、第1番「古典交響曲」から……と考え、サントリーホールに行ってまいりました。

 感想は……こんなに美しいプロコフィエフは初めてです!
 プロコフィエフで、ゲルギエフ、と来たら、さぞ骨太な演奏になるのだろうかと勝手に想像していたのですが、やはり、シンポジウムでゲルギエフが語っていた通り、「プロコフィエフで重要なのは美しいメロディ」なのだとしみじみ感じました。

げるぎーe.jpg

 レーピンとの相性も抜群でした。レーピンの艶やかでまろやかな音色が、ロンドン交響楽団の繊細で美しい表現と見事に調和して、素晴らしい共演が完成していました。しかしこのレーピンという人は、本当に柔らかな音を出す人ですね。高音になっても音が全くとがったりせず、フォルテの部分も音が美しい。そしてその音をもって生み出される表現は、豊かで、情緒にあふれていて、人の心を包み込みます。

Repin_2006_05_E14.jpg

 後半の交響曲第6番の演奏は、「さすが」の一言。胸にドーンと響いてくる迫力がありました。複雑な和声進行でうねるように曲想が変化するその中からも、美しいメロディが浮かび上がるように聴こえてきます。
 私は個人的に、プロコフィエフのこの美しい和声が大好きで、20世紀音楽でありながら、破天荒・難解になりすぎない、絶妙なセンスを持っている、と思っていました。ゲルギエフのシンポジウムを聞き、そして演奏を聴いて、やはりメロディあってのこの和声なのだな、と理解できました。

LSO_in_Sdpi(軽).JPG

 しかしこういった演奏が実現し、プロコフィエフの音楽の素晴らしさが実現するのも、ゲルギエフの、そしてロンドン響の類稀な能力の高さ、そして彼らのプロコフィエフへの愛情ゆえでしょう。
 今まで何度かゲルギエフの指揮による演奏を聴いて来ましたが、これほどの彼特有の熱さを伴いながらも、丁寧……というか緻密な音楽作りで音楽の中身をじっくり存分に引き出す姿を見ることができたのは嬉しかったです。

 さて、昨日12/3は、引き続きこのプロコフィエフ・チクルスを聴くか、レーピンのリサイタルを聴くかで迷った方も多いことでしょう。私もその1人だったのですが、悩んだ末、レーピンが弾くプロコフィエフのソナタを聴いてきました。
 やはり、うまい! プロコフィエフの雄雄しい雰囲気と、レーピンのキャラクターがぴったり重なるというか、何というか……。随分前に、海外でアルゲリッチとクレーメルのデュオでこの曲を聴き、衝撃を受けた記憶がありますが、今回のレーピンとゴランのコンビも本当に素晴らしかったです! 心が熱くなりました!!

 そんな私は、今日もまた、サントリーホールに足を運ぼうと思っております。12/1のリサイタルで、その緻密さと完成度の高い演奏でお客様を驚かせた大型新人、ヴォロディンが登場します。
 そして、金曜日、最終日は、再び、ゲルギエフ/ロンドン交響楽と、レーピンの組み合わせ。このチクルスの最後を飾るにふさわしい顔ぶれです。滅多に聴く機会のない、交響曲第4番のオリジナル版も演奏されます。

 全公演聴く方も、いくつかピックアップして聴く方も、そしてまだチケットを買うかどうか決めかねている方も、皆さま、ぜひご一緒に、最終公演でプロコフィエフを味わいましょう!
 それでは会場でお待ちしております!

[ゲルギエフ/ロンドン交響楽団 サントリーホール公演情報はこちら]
当日券もございます。
2008-12-04 12:52 この記事だけ表示
 12月の寒さ到来とともに、ワディム・レーピンのツアーが始まりました! 既に行われた大阪、福岡でのリサイタルは大成功だった模様です。
 マネジャーが忙しい合間を縫って、短いレポートを送ってくれましたので、急ぎご紹介します。

----------------------

 名門ドイツ・グラモフォンへの移籍第一弾、巨匠の風格を感じさせるベートーヴェンに次いで、世界に先駆けて大幅に先行発売されたブラームスのディスクを来日記念盤としてひっさげワディム・レーピンが来日。大阪、福岡でのリサイタルではまさに王道を行く演奏が大いなる喝采を浴びました。

 ドビュッシーでの豊かな色彩感、グァルネリ・デルジェスから紡ぎだされるビロードのように輝く高音そしてこの曲を捧げられた巨匠ダヴィド・オイストラフを彷彿とさせるプロコフィエフ圧巻はDGデビュー盤でも収録されているベートーヴェン「クロイツェル・ソナタ」、この感動はコンサート会場でなければ味わえません。

 ますます充実の演奏を聴かせてくれる今回のレーピンのリサイタルは聴き逃せません!

------

 最近、CDのジャケット写真が格段にかっこよくなったと思いませんか? 実物はどうなのか、それも確かめてみたいなぁ、なんて……。

uccg1378repin200[1].jpg uccg1442repin200[1].jpg

 今夜はロンドン響とレーピンの共演です。聴きに行かなくちゃ!ですね。

[12/2 サントリーホール公演情報はこちら(LSOとの共演)]
[12/3 東京オペラシティ公演情報はこちら(リサイタル)]
[12/5 サントリーホール公演情報はこちら(LSOとの共演)]



2008-12-02 16:29 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。