WPS第2弾、フリッター登場![カジモトくんの気まぐれ日記]
ワールド・ピアニスト・シリーズ第1弾、ジャン=イヴ・ティボーデのリサイタルが先週、好評のうちに終りました猫
ご来場いただきました皆様、如何でしたでしょうか?

僕が前に書いた、アンコールに密かに期待していた「ワルキューレの騎行」は弾かれませんでしたが(残念)もうやだ〜(悲しい顔)、メインのドビュッシーにしてもシューマンにしても美しいぴかぴか(新しい)、センスあふれる演奏を披露してくれました。
僕は16日の神奈川県立音楽堂でのリサイタルも行ったのですが、その時のメシアン「愛の教会の眼差し」とブラームスの「ソナタ第3番」がまた素晴らしかったです。
次回の来日が楽しみですわーい(嬉しい顔)

ところでexclamation×2弊社では今回、「ワールド・ピアニスト・シリーズ2007」の総合プログラムを各公演会場で販売しております。
070920_2040~01.jpg
この秋登場する4人のピアニストの紹介エッセイやインタビューのほか、古今東西・世界のさまざまなピアニストのこと、駆け足でめぐるピアノ音楽の歴史など幅広い読み物となっています。
会場ではもちろん、コチラからも直接販売致しますのでぜひお買い求め下さいるんるん
1部\800です。

さて、来る9月24日(月・祝)はシリーズ第2弾グッド(上向き矢印) アルゼンチンの名女流、イングリット・フリッターの登場です。
DSCF1857y.jpg
同郷のアルゲリッチが讃辞を惜しまず、2000年のショパン・コンクールで第2位となった彼女は、毎回の来日で情感あふれるあたたかいいい気分(温泉)音楽性と、誰もが好感をもたずにはいられないステージで人気が高まっているピアニスト。
チラシに「誰もが幸せになれる音楽」と謳いましたが、僕も彼女のピアノを聴きながらあたたかい気分になるのが、いつも本当に楽しみなんです揺れるハート

ぜひ今度の連休はフリッターのリサイタルへexclamation


2007-09-20 20:55 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。