アメリカ五大オーケストラの筆頭、いや、世界のオーケストラの筆頭格と言っても過言ではない、シカゴ交響楽団が来日しました。
 ツアー初日を前に、横浜市立騎が原中学校、東京都立杉並高等学校、駒澤大学の学生たちに、ブラスセクションがクリニックを行ないました。その模様を、マネジャーのレポートでどうぞ。

-----------------------

 世界最高のブラスの1つと言えば、シカゴ交響楽団のブラスセクションでしょう。そのシカゴ響ブラスセクションの5人が、横浜みなとみらいホールに降り立ちました! 公開クリニックにて、学生10重奏の3グループを、自らの楽器で手本を示しながら熱心な指導を行ないました。

DSC02684.JPG
まずは、学生たちの演奏から始まります。

DSC02690.JPG
首席トランペット奏者のC. マーティンが早速指導を開始。

DSC02691.JPG
副首席トランペット奏者のM. リドノア。指導に熱が入るあまり、写真がみんなぶれてしまったほど。

DSC02714.JPG
そして、首席ホルン奏者D. クレンヴェンジャーのつむぎ出す柔らかな音色には、みんなうっとり……。

DSC02696.JPG
トロンボーン奏者のC. バーノンは、女の子相手に細かな指示を与えています。

DSC02710.JPG
チューバってこんなに表情豊かな楽器だったの!? G. ポコーニの模範演奏に、学生たちは驚きの表情。

DSC02702.JPG
さあ、世界の超一流ブラス集団に伝授されたサウンドを、どこまで再現できるか!!!

 公開レッスンの最後には、なんとその5人のメンバーで、20分のミニコンサート! 会場に集まった700人の学生は、基礎練習のイロハから教える熱心な指導ぶりと、彼等の勇ましいサウンドに陶酔し、終了後も興奮冷めやらぬ様子でした。

DSC02706.JPG DSC02707.JPG

DSC02708.JPG DSC02709.JPG

 世界トップオーケストラの地位を不動のものにした、シカゴ交響楽団のブラスサウンド。オーケストラを包み込む柔らかいサウンド、時には縁の下から支える重厚なサウンド、時にはホール全体を凌駕する程の勇ましいサウンド……どこをとっても世界最高としか言いようがないシカゴ交響楽団のブラスセクション。シカゴ交響楽団をお聴きの際は、このブラスセクションにもぜひご注目下さい!!

[サントリーホール公演情報はこちら]
※当日券もございます。
2009-01-30 14:50 この記事だけ表示
日本のみならず世界で活躍を続ける広上淳一が、昨年4月京都市交響楽団の指揮者に就任し、この度、このコンビで初となる東京公演を行いますパンチ

国内で“初めてシェフを務めるオーケストラ”になる京響との公演でお届けするのは、アメリカン・プログラム!
まさに広上らしさが出るプログラミングと言っても過言ではないですね。その彼の指揮で京響からどのようなサウンドるんるんが引き出されるか、興味深いところ。
そんな期待の公演に向けて、広上よりメッセージが届きました!


チケットはこちらまで!
2/28(土)6時 サントリーホール
2009-01-28 17:26 この記事だけ表示
1月24日(日)6時 サントリーホール

リスト: 愛の夢 第3番
2009-01-26 14:17 この記事だけ表示
1月24日(日)2時 サントリーホール

[アンコール曲]
ショパン: 練習曲 ホ長調 op.10-3「別れの曲」
孫以強: 春舞



*メイン・プログラム中、ドビュッシーの曲の演奏順序が、当初発表のものから以下のように変わりました。

ドビュッシー:前奏曲集第1巻より
          亜麻色の髪の乙女
          アナカプリの丘
          沈める寺
          ミンストレル
ドビュッシー:前奏曲集第2巻より
          月の光がふりそそぐテラス
          ヒースの茂る荒野
          花火

2009-01-26 14:14 この記事だけ表示
4月に来日公演を行う、ボーイ・ソプラノ・コーラスのlibera(リベラ)が、明日公開の映画「誰も守ってくれない」の主題歌「あなたがいるから」を歌っていることは皆さんもご存知かと思いますが、
そのliberaが先日、映画のキャンペーンのために来日、
シークレットライヴを行いました。

同行した弊社マネージャーからのレポートです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

皆さん、最近テレビを見ていて、どこからともなく天使のような歌声が聴こえてきた・・・ぴかぴか(新しい)
そんな経験はありませんか?

心当たりのある方、それは、映画「誰も守ってくれない」で主題歌を歌う、libera(リベラ)の歌声です。

公式photoリベラ03.jpg
これまでもNHKのTVドラマ「氷壁」、映画「ハンニバル」などの主題歌で、ボーイ・ソプラノにしか出せない、はかない孤高の美しさを聴かせてくれたリベラが、4月に再び待望の来日公演を行いますexclamation
明日からいよいよチケットの一般発売ですexclamation×2

4月8日(水)7時/ 9日(木)7時  オーチャードホール

一方、やはり明日公開となる話題の映画、liberaが主題歌を歌う「誰も守ってくれない」は今まで描かれることのなかった、容疑者家族の物語を描く、社会派ドラマ手(グー)。「踊る大捜査線」の君塚良一監督自らが、この映画の主題歌は彼らに頼むしかないパンチひらめきと依頼。
この映画のための名曲、『あなたがいるから』が生まれたのです晴れ

CMを見て、映画全体を包み込むようなやさしさと美しさハートたち(複数ハート)を持ったこの曲が頭から離れない、そんな人も多いのではないでしょうか。

今回、映画の公開に先駆けて来日したliberaは、教会でのシークレットライブを敢行パンチ
映画の舞台挨拶を兼ねた試写会でのライブということもあって、佐藤浩一さん、志田未来さん(最近この2人、毎日テレビに出演していますね)、そして君塚良一監督も、その天使の歌声に癒されたご様子。

品川教会.JPG


でも、終演後の楽屋では全く普通の子どもたちと変わらずはしゃいでいます・・・わーい(嬉しい顔)
この純粋さがあの透き通った歌声を作り出しているのかもしれませんね。
教会ライブ楽屋1.JPG
教会ライブ楽屋2.JPG

また、リベラの来日に合わせて、新宿flagsではキャンペーンも開催中!
flags外観2.JPG
新宿駅新南口改札を出てすぐ左手の大きなガラス張りのビルを入ると、早速リベラの案内が目に付きます。

flags2Fエントランス.JPG
エスカレーターを上がって9Fへ行くと、タワーレコードのクラシック・フロアにもリベラのコーナーが!
liberaコーナー_タワレコ新宿(引き).JPG

CDでコンサートの予習をばっちりパンチしておいてくださいね。

というわけで明日はチケット発売日ですexclamation(映画「誰も守ってくれない」も公開!)。

『あなたがいるから』でソロを歌うトムが言っていました。
「4月のコンサートでは、これまでと違った“新しいリベラ”が見れるはず。絶対楽しめると思うから、ぜひ来てね!」

リベラのコンサートは毎回チケットの入手が難しいと言われていますふらふらので、
チケットのお求めはお早めにexclamation×2
明日の10時から一般発売開始です。

チケットのお求めはこちらまで


それでは、4月にまたお会いしましょう手(パー)
全員集合.JPG
2009-01-23 12:12 この記事だけ表示
寒くなってきましたが、皆さん風邪などお召しになられてはいませんか?雪
そんな身体の芯まで冷え込むような2月に、関西から東京へ、熱い波が押し寄せてきます!

大阪フィル待望の東京公演。ぴかぴか(新しい)

今回で既に46回を数える東京公演は毎回大入りで、地元大阪だけでない人気の根強さを感じます。

2月が待ち切れないとばかりに、音楽監督の大植英次さんよりメッセージが届きましたわーい(嬉しい顔)




チケットはこちらまで!
2/17(火)7時 サントリーホール
2009-01-21 20:53 この記事だけ表示
1月16日(金)7時 サントリーホール ブルーローズ(小ホール)

ベートーヴェン:バガテル ト長調 op.126-5
ドビュッシー:前奏曲集第2巻から 花火
ドビュッシー:前奏曲集第1巻から 亜麻色の髪の乙女
2009-01-19 10:52 この記事だけ表示
1月14日(水)7時 サントリーホール

チャイコフスキー:感傷的なワルツ
クライスラー:ウィーン小行進曲
エルガー:愛の挨拶
クライスラー:ウィーン奇想曲
ショスタコーヴィチ:前奏曲op.34-17
2009-01-15 10:09 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。